釣堀紀州からのお知らせ

News

海上釣り堀で魚が釣れない……どうすればいい?




海上釣り堀は、さまざまな海魚を釣り上げられるチャンスがある、とても魅力的な釣り場です。 ときには想像を超える大物がヒットしたり、普段は見かけられない高級魚を釣り上げられたりすることも。

とはいえ、毎回そのように上手くいくわけではありません。 中には、「全然釣れないなぁ」と思っている人も多いでしょう。 本記事では、海上釣り堀で魚が釣れないときのために、おさえておきたいポイントを解説します。

 

そもそも海上釣り堀って、釣れないもの?

あまりにも釣れないときは、「海上釣り堀自体、釣れないものでは?」と思ってしまうでしょう。 しかし海上釣り堀自体、ものすごく釣果を上げづらいものではありません。 ビギナーでも「たくさんの魚を釣り上げる」「大物をゲットする」ケースは多々あります。 ただし、ある程度「釣れる日」と「釣れない日」は存在します。

一般的には、以下のような日は「釣れる日」と言われています。

・満潮、もしくはそれに近い

・風が吹いている

・潮が流れている

逆に、

・干潮に近い

・無風に近い

・潮が止まっている

というような条件がそろっていると、釣れなくなる傾向にあります。 ただし、すべての魚や施設に、常に共通して言えるわけではありません。 たとえば干潮時に釣れやすくなる、潮が流れているのに釣れにくい、といったケースも、例外的に存在します。

 

海上釣り堀で釣れない日でも、諦めない!

「釣れない日」にあたってしまうと、「なんだ、じゃあもうダメだな」と思ってしまうかもしれません。 しかし、諦める必要はありません。 なぜなら釣れない日の中にも、「釣れやすいタイミング(時合)」が存在するからです。

たとえば、以下のようなタイミングは、釣果を挙げるチャンスと言えます。

開始30分

釣りが開始されてからの30分は、もっともわかりやすいチャンスです。 しばらく釣り餌が垂らされていないので、魚たちもお腹を空かしている可能性が高いから。 このチャンスは、絶対に逃さないようにしましょう。

放流後の30分

また、放流されてからの30分も、釣れやすいタイミングと言えます。 単純に魚の数が増えているので、ヒットする確率も高くなっているわけです。

基本的なことさえ守っていれば、たいていは釣れるはずです。 もしこのタイミングで釣れていないのであれば、棚が違っているとか、餌を間違えているといった可能性が考えられます。

制限時間の1時間前

制限時間の1時間前は、その日のラストチャンスと言えます。 制限時間が迫ってくると、早めに帰る利用者もいます。

そもそも垂らされている餌の数が減るので、当然釣れやすくなるわけです。 また人影が減ったことで、魚の警戒心が緩むという部分も関係しています。

早めに帰る利用者の中には、「今日はもうダメだ」と諦めている人もいます。 しかしその中でも諦めずに粘り続けることで、より釣れやすい条件下でチャレンジできるというわけです。

 

釣り堀で釣れない時に何をすればよい?

タイミングを合わせても、なかなかヒットしない場合もあります。 もし釣れないと感じなら、以下のような方法を試してみてください。

棚を変えてみる

まず考えられるのが、棚を変えるという方法。 ほんの少し棚を変えただけで、ヒットするようになることもあります。 1投あたりに、20〜30cmほど棚を変えてみましょう。 目視できる水深まで、上がってくる魚もいます。 もし目視で御影が確認できたら、その棚を狙うのもよいでしょう。

針の大きさを変えてみる

また、針の大きさを変えるのもよいでしょう。 もしかしたら、そのタイミングで、今使っている針とは相性が悪い魚ばかりがいるのかもしれません。

餌を変えてみる

餌を変えてみるのも、よい方法です。 なぜならその餌を好む魚が、たまたまいないケースもあるからです。 逆に言えば、特定の餌を好む魚が、たくさんいるかもしれません。 ひとつの餌にこだわらず、さまざまな餌を試してみましょう。 <餌のつけ方を変えてみる> さらに、餌の付け方を変えるという方法もあります。 餌を小さくしたり大きくしたりするだけでもOK。 これもさまざまな大きさを試してみましょう。

釣れている人の技を盗んでみる


もし、周囲に次々と釣果を挙げている人がいれば、その人を観察しましょう。 単純に運がよいだけのケースを除けば、何か釣れるだけの技を持っている可能性もあります。 その人の真似をするだけで、釣れるようになるケースも多々あります。

誘いをしましょう


上記をしつつ、誘いをしましょう。


まとめ



海上釣り堀は、大物や高級魚を釣り上げられるチャンスのある、とても夢のあるフィッシングです。 とはいえ、いつも釣果が挙げられるかといえば、そうではありません。 日によっては、なかなか当たりがないケースもあります。 とはいえ、釣れないときにもうつてはあります。 タイミングを読んだり、餌や針を変えたり、できることはたくさんあるはずです。 すぐには諦めず、いろいろと創意工夫してみましょう。