釣堀紀州からのお知らせ

News

初心者必読!海上釣堀での合わせ方を紹介

「海上釣堀でせっかくヒットしたのにバラされた!」そう悔しい思いをしたことがあるのではないでしょうか?そんな方はぜひ合わせ方を工夫することをおすすめします。合わせ方を少し工夫することによって段違いにばらす確率が低くなるからです。そこで今回は、海上釣堀でばらさない合わせ方をご紹介いたします。

 

釣りでいう合わせるとは?

わかりやすく説明しますと、「ウキが沈んだ瞬間にロッド全体を勢いよく上に振る」のを合わせと呼びます。つまり、魚の口元にしっかりと針を掛けるためにするという訳ですね。合わせをしないと針の掛かりが甘く、青物などの良く走る魚や、重い魚だとすぐに針が抜きてしまい、バラシてしまいます。

 

海上釣堀での釣り方

海上釣堀での釣り方は、基本的には、ウキ釣りと脈釣りの2つです。どちらでも釣れますが、慣れてきたら脈釣りのほうが釣果は上げやすいですよ!なので、初心者の方はウキ釣り、海上釣堀に慣れてきたという方は脈釣りに挑戦してみるのをおすすめします。

 

ウキ釣り

ウキ釣りとは、その名の通りウキを使ってする釣りです。ウキの下に餌がついており、それを魚が捕食することで、ウキが沈みます。そのため、一発で魚が掛かったことが分かるので、初心者が一番釣果を上げられるのが特徴です。また、ウキが沈んだ瞬間や兆候を楽しめるのも大きなメリットです。

 

脈釣り

脈釣りとはウキを使わずに手の感覚のみで釣りをする釣法です。そのため、ウキ釣りよりも大分難易度が高いです。初心者にはあまりおすすめできないです。しかしながら、海上釣堀だと脈釣りのほうが釣果を上げやすいです。なぜなら、スレている魚が多い海上釣堀では、ウキがなく魚に違和感を与えにくい脈釣りのほうが魚に警戒心を与えないからです。

 

海上釣堀でのウキ釣りのアタリのパターン

海上釣堀でのアワセ方をご紹介する前に、それぞれのアタリのパターンを紹介いたします。ウキ釣りのアワセのパターンとしては、

 

  1. 素早く一瞬でウキが沈む。
  2. ウキが不自然に走り出す。
  3. ウキが何度も浮き沈みを繰り返す。
  4. ゆっくりとウキが沈んでいく。

 

基本的にはこの4パターンです。

この中で一番わかりにくいのが、ウキが何度も浮き沈みを繰り返すパターンですね。潮の流れで浮き沈みしているのかどうかが分からないからです。

そんなときは、ジッと辛抱強く待つようにしましょう。

何度も浮き沈みを繰り返している場合は高確率で魚が餌をつついているだけです。なので、その時に焦って竿を上げてしまうと高確率で逃げられてしまいます。

対して、ジッと待っていると、エサに不自然な動きがないと魚が安心し、食いついてくれます。

そうしたら素早く一瞬でウキが沈むので、その時に合わせを入れるようにしましょう。

 

海上釣堀での脈釣りのアタリパターン

脈釣りでのアタリパターンは

 

  1. 軽いアタリの後に穂先が強く引き込まれる。
  2. 穂先がゆっくりと引き込まれていく。
  3. ラインが急に横走りする。
  4. すさまじい力で一気に穂先が引き込まれる。

 

基本的にはこの4つです。脈釣りはアタリの見極めが難しいですが、この4パターンを知っているだけでかなり釣果が変わります。また、合わせのタイミングは穂先が大きく曲がり、手元まで魚の重さが伝わってきた時です。

 

海上釣堀での合わせ方

上記でも説明したように、初心者はウキ釣り、慣れてきたら脈釣りへと段階を踏んで釣法を変えるべき、というのを踏まえたうえで書く釣法の合わせ方をご紹介いたします。

 

ウキ釣りでの合わせ方

ウキ釣りでの合わせ方は

 

  1. ウキに不自然な動きがあることを確認。
  2. リールを倒し、少し道糸を送り出す。
  3. 穂先が曲がり始めたら竿をウキの方向斜め下に軽く向ける。
  4. 勢いよく穂先が引き込まれたら竿を斜め後ろ方向に向かって勢いよく振る。

 

の流れです。この流れ、特に穂先が大きく引き込まれるタイミングで合わせることによって、しっかりと針掛かりをさせることができます。

 

脈釣りでの合わせ方

脈釣りでの合わせ方は基本的に聞き合わせを使うようにしましょう。他にも、早合わせや遅アワセなど様々な合わせ方があるのですが、脈釣りだと聞き合わせが一番初心者にとってやりやすく、釣果を上げられます。具体的な流れは、

 

  1. ラインを張る。
  2. ジッと待つ。
  3. 前アタリ(叩くような感じ)が来たらチャンス。
  4. 本あたり(勢いよく竿が引きこまれる)が来るまでじっと我慢。
  5. 本あたりが来たら、竿の穂先を勢いよく斜め後ろに振り上げる。

 

です。

 

 

まとめ

今回は初心者でも釣れやすい海上釣堀での合わせ方のコツをご紹介いたしましたが、いかがでしたでしょうか?海上釣堀はマダイやハマチ、場所によってはクエなども釣れます。どれも普通の釣りではなかなか釣り上げられない大物です。だからこそ、せっかく食いついたのにバラしたりなんてしたくないはず。ぜひ、今回の記事を参考にして海上釣堀で大物を釣り上げてみてはいかがでしょうか?