釣堀紀州からのお知らせ

News

海上釣堀でおすすめの活きエサを紹介!

海上釣り堀では、やはり、どの活きエサを使うかが重要です。
狙いや釣り場にフィットした活きエサを用意できれば、釣果UPの確率が上がります。

とはいえ、「海上釣り堀で持っていくべき活きエサ」を知っている人は、さほど多くありません。

特に初心者からして見れば、生きているエサと言うのはハードルが高く、まったく見当がつかない部分もあるでしょう。
今回は特に、冬場の海上釣り堀で王道、定番とされている活きエサを紹介します。海上釣り堀でのフィッシングに挑戦する人は、ぜひ参考にしてください。


海上釣堀の活きエサの定番~活アジ~


活きエサと言えば、やはり活アジでしょう。
特に青物相手には強力なエサとして知られています。

また、放っておいてもナチュラルに動いてくれるので、釣り糸を垂らして待っているだけでもOK。1匹100円程度なので安くはありませんが、青物の放流直後にまずは投入したい活きエサです。

ただ、保管しているときに死んでしまいやすい点には注意。
釣堀で借りられるスカリやカゴ、エアポンプがついたバケツなどで、大切に保管してあげましょう。

ハリは、背か鼻掛けするのが一般的です。

海上釣堀に必ず持っていきたい活きエサ~シラサエビ~


シラサエビも、海上釣り堀には欠かせない活エサです。
できるだけ大柄のものを選びましょう。
大柄なシラサエビは活力が高く、よりナチュラルなアピールを届けてくれます。

シマアジやマダイが好み、冬場、これらを狙う時は使いたい活きエサです。
価格も40匹ぶんで1,000円に満たないなど、かなり安くおさえられています。

ただし、酸欠になると簡単に死んでしまう点には注意しましょう。
釣堀で借りられるブクブクや、自前のブクブクで生かして使いましょう。
ハリは、尻尾の関節か頬にかけるか、いずれかです。

海上釣堀のエサの王道~青イソメ~


虫エサであれば、青イソメが強力です。
魚エサなどが通じないときは、青イソメに切り替えてみましょう。

一度青イソメでヒットすれば、そこから連続してヒットし続けるケースもあります。値段も安く、分量を揃えやすいのもメリットです。

青イソメは、好き嫌いされづらい活きエサでもあり、オールマイティーに使えるでしょう。中でも、マダイやイシダイが青イソメを好む傾向があります。

海上釣堀の活きエサで青物に効果的~ウグイ~


ウグイも、アジと並んで青物に対して有効な活きエサとして知られています。
ウグイとアジを両方用意すれば、じゅうぶん青物が狙える状態だと言えるでしょう。

活性が高く、そうそう弱ることはありません。
海中の環境が合っていれば、3時間くらいは元気に動き回ります。
保管時に死ぬことも少なく、かなり扱いやすい活きエサだと言えるでしょう。

海上釣堀で活きエサを使うときのポイント

上記では、冬場の海上釣り堀で絶対に用意しておきたい活きエサについて解説しました。
これだけの活きエサを用意しておけば、海上釣り堀はじゅうぶん楽しめるでしょう。合わせて、以下のようなポイントについてもおさえておけば万全です。

弱ったら交換する

大切なのは、活きエサが弱ってきたら交換すること。
なぜなら活きエサが弱っていると、魚を騙せないからです。

やはり魚は、新鮮なエサに見えてないと、なかなか食いついてくれません。
活きエサが弱ってきたと感じたら、すぐに取り替えましょう。

活きエサをローテーションする

ひとつの活きエサにこだわりすぎず、ローテーションすることも重要です。
やはり海上釣り堀の場所や季節、あるいは日によって、釣れやすい活きエサは変化します。

よって、その日釣れやすい活きエサを探るため、ローテーションすることが大切になるわけですね。

もしかしたら活きエサを変えただけで、あっさりとヒットするかもしれません。

ローテーションするなら、当然ながら何種類かの活きエサが必要になります。
予算との兼ね合いもありますが、できるだけ幅広いバリエーションをそろえておきたいところです。

活きエサはやさしく扱う


エサとして使うとは言え、活きエサはやさしく扱うようにしましょう。
なぜなら活きエサは活性が重要である一方、デリケートなものだからです。
意外にもちょっとした刺激が、活きエサにとって大きなダメージになります。
具体的には、

強い力で握らない
ハリをつけるときは素早く済ませる
長い時間、手で触れない(活アジはやけどの防止)
釣り座の板の上に放置せず、状態をよく確認する

といったところを意識するとよいでしょう。

まとめ

海上釣り堀は、初心者にも楽しみやすく、釣果を挙げやすいフィッシングスポットです。

そして普段は見かけられない高級魚や希少種を釣り上げるチャンスもあります。
活きエサは苦手意識がある人が多いと思いますが、季節に合った活きエサを持ち込めば、海上釣り堀はもっと楽しめるようになるでしょう。

ぜひとも本記事を参考に、活きエサを用意してもらえればと思います。