釣堀紀州からのお知らせ

News

海上釣堀へ行こう!おすすめの服装は?夏編

海上釣堀へ行くときの服装のポイント

動きやすい服装

夏に海上釣堀に行く際は動きやすい服装にするようにしましょう。

特に、足元は動きやすいスニーカーがおすすめ。

ただし、長靴とは違い滑り止めがしっかりとしていないので、足元にはしっかりと注意するようにしましょう。

釣堀専用のスニーカーが発売されているところもありますので、そちらを購入してみるのもいいと思います。  

機能性のある服装

機能性のある服装を選ぶようにしましょう。

撥水加工がされている服装であったりuvカット加工のものであったりですね。

しかし、「新しい服をわざわざ買うのは面倒だ・・・」という方はラッシュガードの下に日焼け止め、というスタイルでも大丈夫です。

水にぬれても、すぐに乾きますし、uvカット加工もされていることが多いです。

汚れてもいい服装

汚れてもいい服装というのは、アウトドアの場合は絶対です。

まず餌に触れる機会が多くなるので、使うエサの種類によっては匂いが染みつく場合や、液だれして汚れる場合もあります。

強い風が吹けば水しぶきで濡れてしまうこともあります。

ですが、汚れてもいい服装と言っても半そで半ズボンなどは避けるようにしましょう。

日焼け止めのクリームを塗らない場合、夏場は例え1日だけであっても、想像以上にひどい日焼けに襲われます。

夏に海上釣堀へ行く際の服装

帽子

帽子は絶対に持っていくようにしましょう。

夏の海上釣堀は太陽の光を反射しているため、想像以上の暑さです。 正直なところ、何も対策をしていなければ熱中症になることも珍しくありません。

そのため、帽子と水分補給などの基本的な熱中症対策は必須です。

選ぶ際は、できれば白に近いカラーの帽子を選ぶようにしましょう。

ご存じの方も多いと思いますが、暗い色であればあるほど日の光を吸収するからです。また、uvカット加工がされているとなお良いです。

足元(長靴・クロックス

「やっぱり海の上だし足元はしっかりしているほうがいい・・・」そう言う方は長靴がおすすめです。

動きやすさは上記したスニーカーのほうが上ですが、安全性に関しては長靴のほうが断然上です。

しかし、欠点として夏場の長靴は中が蒸れてかなり暑くなります。なので、滑り止めがしっかりしているのなら、クロックスを使用してみるのもおすすめです。

長袖・長ズボン・ラッシュガード(日焼け対策)

海上釣堀では、必ず長袖長ズボンにしましょう。

日焼け対策として必須です。 しかし、長袖長ズボンだとどうしても暑くなってしまうと思います。

なので、服装はメッシュ素材で通気性がよく、かつ速乾のものがおすすめです。

また、上記したようにラッシュガードも下に日焼け止めを塗れば、ある程度の涼しさを維持しながら、日焼け対策にもなりますよ!

偏光サングラス

偏光サングラスがあれば、海が光を反射しているキラキラを軽減することができます。

さらに、偏光サングラスには光をカットする働きがあり、まぶしい日差しが降り注ぐ時であっても水の中を見渡すことができます。

そのため、釣果を上げるという意味でもぜひ持っていくことをおすすめします。

フィッシンググローブ

フィッシンググローブは、手の甲や手のひらの日焼け止めに役立ちます。

また、手袋などに比べても通気性がいいものも多く、夏の時期でも非常におすすめです。しっかりとグリップをつかめるのでキャストも正確になるというのも嬉しい点です。

釣りベスト(フィッシングベスト)

釣りベストは落水した際に身を守ってくれます。

また、小物を収納できるという大きなメリットもあります。 海上釣堀では荷物が多くなりがちなので、これも非常に魅力的な点です。ぜひとも持っていくようにしましょう。

レインウェア

レインウェアは万が一の時に備えて持っていくことをおすすめします。

突然の雨でも対応ができるのは嬉しい点ですし、水しぶきが激しいときにも重宝します。

びしょびしょになることはないですが、軽く濡れることは多いので、それが気になる方はぜひとも1つ持っていくようにしましょう。

あわせて読みたい

まとめ

今回は海上釣堀での夏の服装をご紹介いたしましたが、いかがでしたでしょうか?

夏は暑くなるので、できるだけ軽装になりたく思うかもしれませんが、実は日焼け対策・疲労予防のために長袖長ズボンというのが非常に重要です。

確かに軽装だと蒸れないため、一時的には涼しくなるかもしれませんが、後々ひどい日焼けや疲労で必ず後悔することになります。

ぜひとも、しっかりと日焼け対策、熱中症対策を行ったうえで、海上釣堀に出かけるようにしましょう。