釣堀紀州 大阪から車で80分! WEB予約受付中・前日17時まで予約可能。変更は3日前まで可能(2021.3.1から)

釣堀紀州のブログ

Blog

【冬の海上釣堀】釣れる魚種からおすすめの服装まで徹底紹介

「冬に海上釣堀のデビューをする」「冬に初めて海上釣堀に行く」という方にとってはどんな魚が釣れるのか、どんな服装が良いのか、どんな持ち物を持っていくべきなのか未知数ですよね。そこで今回は、冬の海上釣堀について徹底紹介いたします。

冬の海上釣堀の特徴

冬の海上釣堀の特徴は「活性が低い」「大物が放流される」などが挙げられます。そのため、ブリなどの大物を狙いたいという方は冬に海上釣堀に出かけてみるのをおすすめします。ただ、冬の海上釣堀は当然のことながら非常に寒いです。そのため、服装や防寒対策の道具を持っていくのは必須といっても過言ではありません。

 

冬の海上釣堀で釣れる魚

冬の海上釣堀で釣れる主な魚種は

  1. カンパチ
  2. ヒラマサ
  3. ブリ
  4. マダイ

の4つです。ただ、冬の真鯛は活性が一気に低くなっていますので釣り上げるには工夫が必要です。

あわせて読みたい

冬の海上釣堀の釣り方

冬の海上釣堀では釣り方にコツが必要になります。海水温が下がりなかなか活性が上がらないからですね。そのため、放流された魚種を集中的に狙うようにしましょう。また、冬場は食いが渋くなることも多いので遅アワセが基本という点にも注意が必要です。肝心のタナですが、表層にいる見える魚を狙ってから、徐々に深くして順番に探っていくようにするのがおすすめです。


冬の海上釣堀での服装

冬の海上釣堀は想像よりも寒く、風が強い日は特に防寒が必要となってきます。
船で渡る海上釣堀では寒くても荷物を取りに行けないことがあるので前もって用意しておきましょう。

冬の海上釣堀での服装①防風・防水性のあるアウター

防風・防水性のあるアウターを持っていくようにしましょう。冬は風が強く、水飛沫も飛んでくるので、それらを防げるアウターというのは必須です。具体的にはレインウェアやウインタースーツなどがおすすめ!ただ、選ぶ際には蒸れにくいタイプのほうがいいです。汗を掻いてしまうと、乾いた時に余計に寒さを感じるという事態に陥ってしまいます。

 

冬の海上釣堀での服装②インナーダウン・フリース

中間着ではインナーダウンやフリースなどを選ぶのがおすすめ。これらは保温性、ストレッチ性、通気性、速乾性に長けているというのがおすすめする最大の理由です。釣りをする方はわかると思いますが、意外と釣りの最中は動き回ります。ポイントを変えたり、タナを変えたり仕掛けを変えたりですね。そんなときにストレッチ性がないと動きづらいですし、通気性・速乾性がなければ汗を掻いてしまい余計に寒い思いをしてしまいます。

 

冬の海上釣堀での服装③吸水性・速乾性・保温性のあるインナー

インナーは吸水性・速乾性・保温性のあるものにしましょう。素材は化繊かウールのものがおすすめ。化繊素材は速乾性に優れ、ウールは保温性に優れています。どちらも汗冷えを起こしにくいので、ぜひ素材は化繊かウールにしましょう。また、注意点としてコットンだけは選ばないようにしましょう。乾きにくく汗冷えを起こしやすいです。

 

冬の海上釣堀での服装④レギンス

レギンスを履いていくと冬でもぽかぽかです。タイツよりかは着脱しやすいですし、締めつけも緩くて動きやすいです。選ぶ際には裏地が毛になっているのが暖かくておすすめですね。

 

冬の海上釣堀への持ち物5選

 

冬の海上釣堀に持っていくべき持ち物は

 

  1. グロープ
  2. ニット帽
  3. カイロ
  4. ネックウォーマー
  5. ブーツ

 

の5つを持っていくのがおすすめです。それでは以下で詳しくご説明いたします。

 

冬の海上釣堀への持ち物①グローブ

冬の海上釣堀に持っていくべき持ち物の1つ目はグローブです。冬用のフィッシングローブを持っていくことをおすすめします。耐久性も抜群ですし、しっかりと暖かいです。滑り止めもついていますので、しっかりとキャストができるというメリットもあります。

 

冬の海上釣堀への持ち物②ニット帽

冬の海上釣堀に持っていくべき持ち物の2つ目はニット帽です。ニット帽を持っていくと、耳元をしっかりと暖かい状況に保てます。冬に耳元を暖めているのといないのでは快適度が大きく変わります。ぜひもっていくのをおすすめします。

 

冬の海上釣堀への持ち物③カイロ

冬の海上釣堀に持っていくべきものの3つ目はカイロです。個人的には貼るタイプと携帯式の2つを持っていくのがおすすめです。腰のあたりにカイロを貼ると、一日中暖かさが持続します。また、携帯式のカイロは指先が冷えたりしたときに重宝しますので、一つ持っていくとかなり役立ちます。

 

冬の海上釣堀への持ち物④ネックウォーマー

海上釣堀に持っていくべき持ち物の4つめはネックウォーマーです。ニット帽とネックウォーマーを両方持っていけば、かなり暖かいです。冬風をうまく遮断してくれますので、非常におすすめ。

 

冬の海上釣堀への持ち物⑤ブーツ

フィッシング用のブーツを持っていくのをおすすめします。海上釣堀は滑りやすいですし、足元もかなり冷え込みますが、フィッシング用のブーツを持っていくと安心です。

 

まとめ

今回は冬の海上釣堀をご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか?冬の海上釣堀は尋常でないくらいに寒いので、防寒対策、服装に気を付けるのは必須です。また、冬の釣りは活性がかなり低いので釣り方に工夫がいるのも特徴。ただ、その分大物が放流されており、一発で元を取れる可能性もあります。ぜひこの冬、海上釣堀に出かけてみてはいかがでしょうか?